機動戦士ガンダムOOファーストシーズン感想
#01  #02  #03  #04  #05  #06  #07  #08
#09  #10  #11  #12  #13  #14  #15  #16
#17  #18  #19,  #20  #21  #22  #23  #24

#25 刹那
◆一瞬の煌きを残して消えていく命。果たして彼らの命は、戦いは、歪んだ世界を正せたのでし
ょうか?

◆「生きる」という思いを一つにしたアレルヤとハレルヤ。一つの肉体に異なる心を持った男達
が初めて協力して戦います。超兵としての力を見せつけるアレルヤ(ハレルヤとの口調を使い分
けている吉野さんの演技はお見事)。半壊したキュリオスでセルゲイとソーマを圧倒するとは…
…。セルゲイのフォローが無かったら、ソーマは負けていましたね。恐るべし二重人格。

◆ソーマはアレルヤのかつての友人、いやそれ以上の存在だったようですが、一体何者? 彼
女の謎は第二期に持ち越しですか。ハレルヤを失った(と言うよりは人格が一つになったのでし
ょう)アレルヤとの再会が楽しみなような、不安なような。

◆MAアルヴァトーレの圧倒的な力で攻め立てるアレハンドロ。撃墜されてもMSになって戦うと
はしぶといですね。さすがラスボスの機体と言いたいところですが、結局はエクシア一機に倒さ
れてしまいました。あれだけの性能を誇りながら倒されてしまうとは、アレハンドロの腕が悪いの
か、物語の都合なのか(笑)。

◆黒幕として振舞ってきたアレハンドロでしたが、結局彼もリボンズの操り人形に過ぎなかった。
アレハンドロこそ世界の歪みと思って戦った刹那でしたが、世界の歪みは彼が考えている以上
に深く、そして大きかったようです。

◆まさかグラハムが真のラスボスだったとは。GNフラッグの力でエクシアを圧倒するその技量
は凄まじいの一言。彼がアルバトーレに乗っていたら、ガンダム三機も敵じゃなかっただろうな
あ。ガンダムに愛を越えた感情、憎しみを抱き戦うグラハム。そんなグラハムを否定する刹那。
戦いを求めるグラハムは、戦いを止めようとする刹那にとって認める事が出来ない存在。死闘
の結果は両者相打ちとなりましたが、これでこの二人の因縁が終わるはずがない。第二期への
持ち越しパート2(笑)。

◆刹那、「手紙を書く相手はいない」って言ってたのに、実は姫様にメールを送っていました。夜
這いに来た時にメーレアドレスを見たのでしょうか? それは犯罪だ(笑)。冗談は置いといて、
メールに書かれた刹那の本心にはちょっとウルッと来ましたね。戦うだけの人形だった自分に生
きる意味を与えてくれたガンダムという存在に感謝しつつ、武力に頼らず平和を求めるマリナの
姿勢に心を動かされていた刹那。うーん、この二人の物語はもっと見たかったですねえ。そうす
ればこのシーンももっと感動したのに。残念です。

◆戦いは終わり、そして4年後。国連は地球連邦となり、世界は一つになりつつある。宇宙に上
がった沙慈は、連邦軍が使っている擬似太陽炉とは違うGN粒子の輝きを見る。ちゃっかり生き
ていたコーラサワーとアリー、連邦の平和維持軍に参加しているセルゲイやマネキン、ルイスら
しき金髪の女性を従えているティエリアらしき人物、マリナの元から去るシーリン、仮面を付けて
いるけど髪の色でバレバレな(笑)グラハム、謎の少年達を従えているリボンズ、王留美に仕え
るネーナ、そして潜伏していたCBが新たに作り上げたガンダム、OO(ダブルオー)。一つになり
つつある世界でCBは、ガンダムは何と戦うというのでしょうか? 期待と不安を抱きつつ、半年
後の第二期を待ちます。


#24 終わりなき詩
◆ついに始まった最後の戦い。モレノ医師が、リヒティが、クリスが、そしてまさかまさかのコーラ
サワーまでもが……いや、ジンクスの下半身は無事だったから、コーラサワーはまだ生きている
かも。マネキン大佐の為にも生きていてほしいです。

◆ロックオンの死は、トレミーの面々の結束を固めたようです。マイスターも、他のクルー達も決
戦を前にしてそれぞれの意志を固めます。特に刹那とフェルト。ロックオンと親しかった二人にと
って、彼の死は余りにも大きく、だからこそ生き残り、戦い続ける決意を確固たるものにする。も
うフェルトがヒロインでいい気がしてきました。マリナ・イスマイール? 誰それ(酷い。でも刹那も
思い出さなかったし)。

◆それぞれの過去を語り合うトレミーのクルー達。だ、駄目だ、それは死亡フラグだと苦笑して
いたら本当に死んでしまうとは……。特にリヒティ。クルーの中では影の薄かった彼に、あんな秘
密があったとは。体の半分を失った事が、彼が今の世界を変えようとした切っ掛けなのでしょう
ね。クリスも重い事情を背負っていた描写がありましたが、その内容を知る事はもう永遠に無い
でしょう。クリスの分までフェルトが生きてくれる事を願います。

◆一流パイロットであるハレルヤの腕も、ナドレの性能も及ばず、戦闘不能状態に追い込まれ
ていく。苦戦しているのはジンクス部隊も一緒。このままだとジンクスは全て撃墜されそうな勢い
です。セルゲイとソーマも次回までの命なのか? 次々と主要キャラが死んでいくこの展開はZ
ガンダムやVガンダムの終盤を思わせますが、スタッフも意識しているのかな?

◆敵も味方も次々と倒れる中、圧倒的な戦闘力を見せ付けるアレハンドロのMA。本当に圧倒
的過ぎる。ガンダムよりこのMAを量産した方が良かったのでは? いや、恐らくあれはアレハ
ンドロが勝手に作ったものでしょうね。リボンズではなく自身で戦場に来たのはMAの性能に絶
対の自信を持っているから、そして前回のイオリアの仕掛けが余程頭に来たのでしょうね。冷静
さに欠けていますが、この男のせいで刹那達の計画が狂い、ロックオン達が死んだのは事実。
刹那は悲劇の根源とも言えるアレハンドロを倒せるのか?

◆次回、第一期最終回。タイトルからして不吉ですが、予告の内容もまた不吉。刹那達は生き
残れるのでしょうか? これは見逃せませんね。あ、放送時間が変更しているのをお忘れなく。


#23 世界を止めて
◆ヴェーダが敵の手に落ちた時の事まで考え、トランザムを用意していたイオリアは凄い。予知
能力の持ち主とかじゃないですよね? 「神を気取った…」というアレハンドロの台詞には吹き出
しました。お前が言うな。

◆トランザムの詳しい解説が入りました。一見無敵のシステムですが、欠点もあるんですね。で
なければガンダムが強くなりすぎるので、話のバランスを取る上では適切な処置だと思います。
「3倍の出力を得る」というのは赤いMSのお約束?(笑)。

◆アリーの名を聞いて怒りを燃やすロックオン。間接的にではありますが家族の仇ですからね。
だが、その怒りがあんな結果を生んでしまうとは……。

◆スローネツヴァイを奪った功績によって認められ、AEUの軍人としてガンダム掃討作戦に参
加するアリー。スローネの予備パーツを用意したのはアレハンドロでしょうね。ファングも見事に
使いこなすアリー。ツヴァイの性能を完全に引き出していますね。ツヴァイにとってはパイロット
変更は良かったのかも。そういえば、一人になったネーナはどこへ?

◆イオリアの遺志を継いで紛争根絶を誓う刹那。紛争根絶など非現実的だと思いつつ、CBとい
う組織が存在する事にこそ意義があると考えるラッセ。そして悲劇を繰り返してもなお変わらな
い世界を嫌い、戦う事によって世界を変えようとしたロックオン。三者三様ですね。同じ組織の中
でも考え方は違うのだから、世界全体となると……。CBの行く道は茨の道。そして、ついに最大
の試練が。

◆ジンクス部隊の総攻撃。数では国連軍が上ですが、CBのガンダムも新装備やトランザムで
対抗して、何とか退けましたね。GNアームズの合体形態も登場。はい、そこ、ミーティアに似て
いるとか言わない(苦笑)。でも、これは逆に言えば新兵器を使わなければガンダムでも対抗で
きなくなってきたという事ですよね。勝っても素直に喜べない、まさに茨の道。あとハレルヤ、脳
波遮断できるなら、もっと早くやって。最近出番も少ないし、アレルヤの未来も茨の道ですね。そ
して何気なく生き延びたているコーラサワーの未来も茨だらけ。大佐の評価、今回の件でガタ落
ちだろうなあ。可哀想に。

◆アリーvsロックオン、因縁の対決。片目というハンデがあり、デュナメスが得意としないはずの
接近戦でアリーと互角に戦うロックオンの強さは異常。燃えていますね。でも、アリーを気にし過
ぎて、伏兵ダッジの特攻を許してしまうとは。燃え過ぎるのも考えものです。戦場ではクール&ホ
ットに戦いましょう。

◆と呑気に考えていたら、ロックオンが……。ついにトレニー組からも戦死者が出ましたか。ロッ
クオンを名を呼ぶハロの声が機械的で、それ故に悲しさを感じさせます。アリーはあれで死んだ
のか、まとめ役を失ったマイスター達はどうなるのか、これからデュナメスには誰が乗るのか。気
になる事が多過ぎますが、今はロックオンの冥福を祈りましょう。いい兄貴キャラでした。合掌。

◆ロックオンの回想シーンで気になるところが。皿が一人分多いんですよね。それに視点が、ロ
ックオン本人のものでは? 最後に呟いた「ライル」という名といい、これは第二期に新たな「ロッ
クオン・ストラトス」が現れる伏線でしょうか。気になるなあ。

◆第一期最終回まであと2話。次回はアレハンドロが自ら出撃するようです。そしてアレルヤとテ
ィエリアが……!? ううむ、第一期で刹那以外のトレミー組が全滅という展開もあり得るかも。


#22 トランザム
◆第一期のクライマックスに向けて動きが激しくなってきました。今まで押されていた各陣営の反
撃、ヴェーダを掌握したアレハンドロとリボンズ、トリニティチームの壊滅、ガンダムの新たな力
の解放……。視聴者を飽きさせない急展開ですが、少々詰め込みすぎな感も。うーん、物語を
作るのって難しいですね。

◆前回負傷したロックオン、命は助かりましたが右目を深く傷付けましたか。再生治療をすれば
復活できるそうですが、ロックオンは治療を拒否。今のこの状況で三週間も動けなくなるのは厳
しいですからね。デュナメスのダメージも大きいので出撃はできませんが、ティエリアの事を考え
るとじっとしていられないのも分かります。さすがチームのまとめ役、全員の心境をよく理解して
います。誰にでも優しいロックオンですが、その優しさはフェルトにとっては…?

◆基地を失い、ガンダムのエネルギーも付きかけているトリニティ。コンビネーションが売りの三
機を翻弄する人革連のジンクス部隊の技量の高さは凄いですね。全員がセルゲイクラス? 行
く当てのなくなった三人に更なる追い討ち。ヨハンとミハエル、ここで退場ですか。第一期で退場
させるには勿体無いキャラだと思うのですが、ライバルキャラとしてはグラハムやソーマ、アリー
の方が立っていたので、当初からここで退場させる予定だったんでしょうね。三人の中で最も濃
いキャラであるネーナだけが生き残ったのにも、何となく納得。

◆同じ『ガンダムに関わった者』でも、まったく正反対の反応を見せるマリナと沙慈。マリナにとっ
てガンダムは祖国に希望を与えてくれた刹那が乗っている機体ですが、沙慈にとっては姉と恋
人を奪った憎しみの対象。沙慈の暗い目にはガンダムへの憎しみを漂っていますね。やはり第
二期ではパイロットの道を歩むのか?

◆アリーに奪われたスローネツヴァイに追い詰められたネーナ。そこに現れたエクシアも、水を
得た魚のように暴れるアリーに大苦戦。初めて乗った機体を、以前のパイロットよりも使いこな
せるアリーの技量はとんでもないですね。他のガンダムに乗せても活躍しそう。

◆冷凍睡眠していたイオリアに止めを刺すアレハンドロ。しかしその愚行がイオリアのトラップを
始動させる。オリジナルの太陽炉にはああいう仕掛けがあったんですね。イオリアが殺されたと
いう事は、ガンダム達も追い詰められているはず。イオリアの未来予想力はさすがと言うか。取
りあえずイオリアが世界の滅亡などは望んでいないようで、ホッとしました。もっとも、事態が更に
悪化すれば、新たなトラップが始動するかもしれませんが……。

◆トランザム・システムによってパワーアップした赤いエクシアはカッコ良かったですが、ちょっと
強くなり過ぎな気も。まあたった四機のMSで世界と戦わなければならないのだから、これくらい
の力は必要かな。って、この状況って番組当初に戻っただけでは? GNドライブの技術が各国
に渡った分、以前よりは厄介か。太陽炉を搭載したフラッグの活躍が楽しみ。

◆次回の戦場は宇宙。総攻撃を仕掛ける国連軍に対し、CBも総力戦で挑む。GNアームズの
真の力が見られるかな?


#21 滅びの道
◆ギャグキャラとしての地位を確立して、何だかんだで結構幸せなコーラサワーに対し、恋人と
別れた上、姉を失い不幸街道をひた走る沙慈。もしこの二人が会ったら、今回のようにコーラサ
ワーが失言して、沙慈を怒らせるんだろうなあ。色々な意味で見てみたい気がします。

◆沙慈については、刹那とは正反対の立場になっているのが気になります。不幸だった自分を
救ってくれたガンダムになろうとし、ガンダムに己の全てをかけて戦う刹那。平和な日常にいた
のに、ガンダムとCBによって大切な人を奪われた沙慈。第二期はやはりこの二人が中心にな
るのでしょうね。ならなかったら沙慈が不幸すぎる。

◆新型MSジンクスの脅威に対して、手を打つスメラギ。ヴェーダに介入されないよう指示した
り、ヴェーダのサポート無しでもガンダムが動けるようにしたり。疑惑を抱きつつもヴェーダを信
じるティエリアとは逆に、ヴェーダを敵のように警戒していますね。その結果、スメラギの判断は
刹那達を救い、ヴェーダの裏切りが信じられないティエリアは……。戦場に立つ者は常に最悪
の事態を予測しろ、とは誰の言葉だったか。

◆マリナの幻に動揺する刹那。戦わなくてもいいというマリナは、刹那の中にある「戦いへの恐
怖」か「平和への思い」が姿になったものでしょうか。どちらにしても刹那はその幻を振り切り、戦
う決意を新たにするわけですが、彼の中でマリナの存在はかなり大きくなっていたんですね。ま
あ夜這いをかけるぐらいだからなあ(笑)。

◆トリニティ達の上司と思われたラグナがあっさり死亡。一時はアレハンドロの上に立つ黒幕か
と思ったのですが、呆気ない退場でしたね。主を失い、基地も失ったトリニティ達は今後どうする
のか。刹那達と手を組むという展開になったりして。

◆ヴェーダをハッキングする一方で何かを企むアレハンドロ。彼が刹那達を排除しようとした事
によって、彼とリボンズが刹那達の敵である事が明白になりました。しかし第一期の残り話数も
あとわずか。今期で刹那達とアレハンドロの決着がつくとは思えません。アレハンドロに協力す
るリボンズの真意も含めて、謎の解決は第二期に持ち越しかな?

◆ジンクスの猛攻に危機に陥るガンダム達でしたが、ラッセのGNアームズの救援によって危機
を脱しました。しかし、その代償はあまりにも大きかった。チームの要とも言えるロックオンが負
傷してしまうとは、今後の戦いは苦しくなりますね。ロックオンはまだ生きているようですが、負傷
は軽いものではないでしよう。第一期が終わるまでは戦線離脱かな。キャラ敵にもその方がいい
と思います。負傷したキャラがケガが治らない内に再出撃。これで死んだキャラは結構いますか
らね……。

◆次回、アレハンドロの野望がCB最大の危機を呼ぶ? タイトルの「トランザム」とは何を意味
する言葉なのか。車やロックバンドの名前じゃないですよね。CBの新兵器?



#20 変革の刃
◆変わる世界の中でもコーラサワーはコーラサワーのままでした。確かにこいつは放っておけな
いキャラですね(笑)。何だかんだで幸せなコーラサワーとは正反対に、恋人とは別れる事にな
るわ、姉は殺されるわ、不幸街道まっしぐらの沙慈。番組前半の平和な世界はもう戻ってこない
でしょうね……。彼は後期で復讐鬼になるのでしょうか?

◆ついに三大勢力が同盟を結ぶ。ここまではCBの当初のシナリオどおりらしいですが、その裏
では予想外のアクシデントが発生。太陽炉と新型MSを提供したのは間違いなくアレハンドロ。こ
れによってCBの優勢は完全に崩れましたね。それが狙い?

◆新型MSに乗る事を拒み、あくまでフラッグで戦うと言うグラハムがカッコいい。でもそれは正
解だと思います。あのアレハンドロが何も考えずにMSを提供するはずがない。絶対に裏がある
と思います。

◆案の定、アレハンドロは宇宙に上がってリボンズと共にヴェーダの元へ。コーナー家は監視者
を装いつつ、CBを掌握しようとしていたんですか。獅子身中の虫とはこの事か。ついに黒幕とし
て動き出したアレハンドロですが、彼よりもリボンズが気になります。ティエリアと同じ目を持ち、
アレハンドロに忠実なようですが、最後に見せた微笑は……。アレハンドロもリボンズの駒に過
ぎないのか?

◆絹江はCBに殺されるかもしれないと思っていましたが、アリーが殺すとは意外でした。これで
刹那だけでなく沙慈にとってもアリーは許せない存在になりましたね。もし沙慈がMSパイロット
になったら、アリーの件が刹那との共闘の切っ掛けになるかも。

◆トリニティと接触した留美。エージェントとして刹那達に協力するのだと思われた彼女ですが、
ここへ来て独自に動き出しましたか。留美が望むのは世界の変革。変わらない世界なら壊れた
方がいいと言う留美。なぜ彼女は世界の変革を望むのでしょうか。留美の過去が気になります。

◆アレハンドロから送られた新型機に乗ったセルゲイとソーマはスローネを圧倒。まあセルゲイ
達は性能の劣るティエルンでもガンダムと互角に戦っていましたからね。機体の性能差が無くな
れば、スローネ達が押されるのも当然でしょう。初めて勝利の美酒を受けたソーマは、きっと嬉し
かったでしょうね。刹那達より主人公っぽいなあ(笑)。

◆次回、刹那達のガンダムと新型機の戦いが本格化。コーラサワーも新型機に乗り、ガンダム
達を追い詰めるようですが、刹那もこのままでは終わりません。いよいよ新兵器GNアームズが
登場か?


#19 絆
◆ついにガンダム同士の戦いが始まった。三機のスローネに刹那とロックオンだけでなく、ティエ
リアまで挑むとは驚きました。気の合わない刹那と一緒に戦うとは、ティエリアはあの三兄弟が
本当に嫌いなんだなあ。CBの人間関係は違う意味で乱れています(笑)。スメラギさんは感動す
る前に刹那とティエリアの仲の悪さを何とかすべきだったと思います。

◆ともあれ刹那とティエリアはコンビで戦闘。意外と息の合った戦いをしますが、トリニティの三
人もなかなかやります。ランチャーの連結を邪魔されても、即座に対応するところは彼らの技量
の高さを見せられました。そしてガンダムナドレが真の力を見せる。対ガンダム用のガンダムだ
ったんですね。この能力なら、ヴェーダに最も忠実なティエリアがパイロットに選ばれたのは当然
ですね。しかし、そのヴェーダがティエリアを裏切った? ネーナがティエリアしか入れない部屋
に入った事といい、今回の事といい、ヴェーダとティエリアが決別する時が近いのかもしれませ
ん。そうなったらティエリアはどうなるのか。掛け替えの無い絆を断たれた時、ティエリアは絶望
の淵に落ちるのか、それとも……。

◆明かされた皮肉な運命。かつて刹那が所属していた組織によって、ロックオンの家族が殺さ
れていた。その事でロックオンは世界を変える事を誓い、ガンダムマイスターとなって刹那と出
会った。自分でも理不尽な怒りだと分かっているロックオンは冷静ですね。さすがマイスターのま
とめ役。そんなロックオンに刹那は自分の信念を語る。ガンダムとは戦争を根絶させる力であ
り、自分がガンダムになる事で自分もガンダムのような存在となる。ガンダムに依存しているよう
な気がした刹那ですが、ようやく彼の思いに納得できました。これはマリナに出会った影響もあ
るのでしょうね。しかしCBがガンダムをそういう風に使うとは思えない。特にアレハンドロは。危
うい思いですね。

◆暗躍するアレハンドロ。刹那達の側だと思っていた留美も怪しい発言をしているし、CB組織
の不安定さが明らかになってきました。組織をまとめる人がいない弊害が出ていますね。ヴェー
ダまでアレハンドロ達に握られているとしたら、CBという組織そのものがアレハンドロの掌中に
あるのかも。でも、アレハンドロは小さな野心で行動する人間ではなさそう。彼の目的は一体?

◆トリニティ達に指示をしている『ラグナ』とはコンピューターではなく人名でしたか。それもCBの
スポンサーと思われる大人物とは。これはラグナの独断なのか、それともアレハンドロと手を組
んでの事なのか。真の黒幕はアレハンドロではなくラグナ? だとしたら彼の目的は何なのでし
ょうか。姿を見せないからこそ、謎が深まります。あの三兄弟が大人しく従うのだから、只者では
なさそうですが。

◆沙慈の為に、あえて彼を突き放すルイス。過去を遡り、出会いの時を思い出した沙慈の心境
を考えると、切なくなります。これで彼はガンダムを絶対に許さないでしょう。隣に住んでいる刹
那の正体を知った時、沙慈の運命が大きく変わる時かも。やはりユニオン軍に入るのかな?

◆七機のガンダムの対応に苦慮する三大勢力の下に送られてきたCBの情報。そして南極に招
かれた三大勢力の人々の前には、大量の擬似太陽炉が。これはアレハンドロの仕業でしょう
ね。擬似とはいえ太陽炉はCBの最高機密であり、ガンダムが無敵だった原動力でもあります。
それを各国に提供するとは、CBにとっては自殺行為にも等しい行為。それとも、これもヴェーダ
の計画の内なのか。このままでは戦いは激化する一方だと思うんですけどねえ。

◆次回は新型MSが登場。ガンダム強奪に失敗して以来、姿を見せなかったアリーも絹江と接
触する形で登場しますが、それより驚いたのはリボンズのパイロットスーツ姿。いよいよ彼が出
撃するのでしょうか。三兄弟と組んで、刹那達と四対四の戦いになる?


#18 悪意の矛先
◆番組の最後に「コードギアス」の番宣が。時間帯は移動しますが、事実上の後番組ですから
ね。楽しみですが、これはつまり「ガンダムOO」の終わりも近いという事。寂しい。

◆過激な破壊活動を続けるトリニティ。無用な犠牲は出さないようにしてきた刹那達と違い、一
切容赦しないその姿は、まさに悪魔。名前からして、天使の名を持つエクシア達とは正反対の存
在ですね。

◆スローネには擬似太陽炉が組み込まれている事が判明。ヴェーダの中にしか存在しないはず
の太陽炉のデータが誰かにハッキングされている? それが本当なら、今までの刹那達の活動
も疑問視されます。ヴェーダにティエリアでさえ見る事が出来ないレベルがあるのは、ヴェーダが
単なる『優れたコンピューター』ではないという伏線でしょうか。それとも前回ヴェーダに接触した
ネーナの仕業?

◆ネーナ達に指令を下す存在『ラグナ』。トリニティの上に立つ者の偽名か、それともヴェーダと
同じようなコンピューターでしょうか? どちらにしてもアレハンドロが関わっているのは間違いな
さそう。意味ありげに登場したリボンズも気になります。留美は彼らの正体を突き止められるの
でしょうか。

◆ネーナの狂気が悲劇を呼ぶ。ルイスを襲った悪夢。愛を込めて送った指輪が皮肉な展開を作
ってしまうとは……。ガンダムによって運命を狂わされた沙慈とルイス。戦争の犠牲者というに
はあまりにも理不尽。弱き人は強き力に蹂躙されるしかないのか。ただ泣き崩れる事しか出来
ないのか。今後のこの二人に注目。両親と左手を失ったルイスはガンダムを憎むでしょう。沙慈
は彼女の思いをどう受け止めるのか。復讐に走るのか、それとも?

◆フラッグファイターの誇りを胸に戦うグラハム。性能では圧倒的に上な相手に、互角以上に戦
っている。まさに阿修羅をも上回る活躍。グラハムのパイロットとしての力量は、間違いなく刹那
達より上ですね。えーと、このアニメの主役は誰だっけ?(笑) スローネから奪い取ったビーム
サーベルは、フラッグの強化に使われるかも。

◆民間人にも牙を向けるトリニティに、刹那の怒りが爆発。やはりこうなりましたか。ネーナとの
キスは二人の対決を盛り上げる為のものだったのかも。確かに、この二人はカップルになるより
戦い合う方が似合う気がします。

◆次回、エクシア対スローネの全面対決、と思ったら、何やら不穏な空気が。両親をテロで失っ
たロックオンですが、そのテロの実行者は刹那だった? 一致団結してトリニティと戦わなけれ
ばならない時に起きた内輪もめ、タイミングが良すぎる気がしますが……。


#17 スローネ強襲
◆刹那達とトリニティ三兄弟のご対面。いい意味で緊張感を消してくれるハロの存在はありがた
いですね。本編でも重要な位置にいるみたいだし、CMでもガンガン押しているし、もしかしてバ
ンダイはガンダムよりハロの方に力を入れているのか?(笑)

◆個性大爆発なトリニティ三兄弟。刹那にモーションをかけるネーナ、殺気を剥き出しにして挑
発するミハエル、そして温厚そうに見えて実は冷酷非情なヨハン。特にネーナは物語的にも重要
なキャラになりそうですね。ティエリアしか入れないはずの部屋には入れたのは、彼女もティエリ
アと同じ存在なのでしょうか? 刹那を巡ってマリナと女の戦いは、しないだろうなあ。やったら面
白いんだけど。

◆同じガンダムマイスターではあるけれど、三兄弟は刹那達とは違う道を行く事を宣言。やはり
こうなりましたか。任務を忠実にこなしている様で実は感情を捨て切れていない刹那達への不信
は前回でも語られていましたからね。そして暗躍するアレハンドロとリボンズ。アレハンドロはあく
まで監視者だと言っていますが、リボンズはどうなんだろう。謎の多い彼こそが三兄弟の指揮官
だったりして。

◆エイフマン教授、ついに真実の端にたどり着く。しかしそれは自らの死亡通知にサインをする
事でもあった。CBの情報収集能力の高さには驚かされます。教授はイオリアの目的は戦争根
絶などではないと言い切りましたが、だとしたら何を目的としているのでしょうか? 木星と何か
関係あるのかな。木星で羽クジラを見たとか(それはガンダムSEEDだ。しかも忘れられかけて
いる設定)。

◆秘密を知ったエイフマンに対するCBの制裁。それは基地ごと教授を葬り去るという、あまりに
も非情な方法。刹那達とは違って、三兄弟は世間の非難などまったく気にしない。それが彼らの
最大の武器ですね。いい脇役だったハワードも死亡。これでグラハムは今まで以上に打倒ガン
ダムに燃えるでしょう。刹那より彼の方が主役っぽく見えるのは私だけでしょうか。しかしスロー
ネの力は強大無比。この傍若無人な三機のガンダムを止められるのは……。

◆沙慈とのお別れに死亡フラグが立ちまくっていたルイスですが、次回予告を見る限りでは負傷
するものの生きてはいるようです。しかし、一般人である彼女がなぜ負傷したのでしょうか。次回
はグラハムの逆襲の一方で、沙慈にとって辛い事が起きそうです。


#16 トリニティ
◆前回で撃墜されたジョシュア、生きてましたね。コーラサワーは相変わらず面白いし、CBより
ライバル達の方がキャラが立っているという問題は解決しなさそうですね。今回登場した三兄弟
もそうだし。刹那達の苦境は続く。

◆ついに現れた三機のガンダムスローネ。操縦するトリニティ三兄弟はいずれも個性的。声の
キャスティングもピッタリですね。特にネーナは、もう狙っているとか思えない。釘宮理恵さんの声
は私には強力すぎる……。

◆窮地に陥っていた刹那達を救ったスローネですが、いずれの性能も驚異的ですね。特にスロ
ーネツヴァイのGNファングは遠距離戦も接近戦もこなせる優れ物。相手をするティエレンが可
哀想に見えました。ドライのGNフィールド展開も範囲が広すぎて強力。味方にすれば心強いけ
ど、敵に回せば恐ろしいMS達。OPを見ると、彼らは刹那達と戦う事になりそうですが、そうなっ
たら刹那達は勝てるのかな?

◆後半は監視者達とトリニティ三兄弟による総集編。16話で総集編とは、SEEDシリーズと比
べると製作体制は整っているみたいですね。スタッフは死んでいるかもしれないけど(苦笑)。あ
と監視者の皆さん、あの芸術品は自分で選んだんですか? 無意味に多彩だなあ。

◆刹那やスメラギ、アレルヤは罷免されるかもしれなかったんですか。それも仕方ないかな。監
視者達は総意でないと動けないのでは、あまり意味がないかもしれません。でもアレハンドロは
何か企んでいそう。スメラギでさえ知らなかったスローネを作ったのは彼なのでは?

◆次回、刹那達とトリニティ三兄弟の邂逅。ですが三兄弟は性格にかなり問題ありのようです。
残虐ともいえる彼らの戦いを見た刹那達はどう動くのか。OOのガンダムファイト、開戦!?


#15 折れた翼
◆800機以上のMS。豪雨とも言うべきミサイルの雨。しかし一番怖いのは、これ程の攻撃を受
けてもほとんど損傷していないガンダムかもしれません。PS装甲ってレベルじゃねーぞ。

◆平和な時を過ごす沙慈達とは逆に、あえて戦火の中に飛び込むCB。スメラギさんも色々とプ
ランを立てているようですが、それでも不利な状況に変わりはない。800対4では勝負にさえな
りませんよ。しかも人革連はアレルヤの天敵とも言うべきソーマを前面に出してくるし、AEUもガ
ンダム捕獲用の兵器を準備していた。更にオーバーフラッグスやアリーのMAまで出てくる。これ
で生き残れという方が無理かも。ほとんど活躍していないコーラサワーは除いて(笑)。

◆アリーに追い詰められて、死を意識した刹那が初めて見せた表情。それは絶望ではなく、何
かを求める子供のような悲しい顔でした。やはり自らの手で肉親を殺した事は、刹那にとって大
きな心の傷になっているんですね。その傷を癒す為にガンダムの力を求める。最後に現れたス
ローネに手を差し伸べる刹那は、昔、Oガンダムに助けてもらった時と同じ。一見すると感動的
ですが、これは刹那の精神はあれからまったく成長していないとも思える描写です。果たして?

◆気になるのはアレハンドロの動向。彼が他の監視役と相談したのは、スローネの出撃につい
てでしょうか? だとしたらスローネ達はスメラギさん達とは別の部隊で、アレハンドロ達の直属
の戦力? OPでは彼らは刹那達と戦っていますが、つまりアレハンドロ達監視役も刹那達の敵
になる? ううむ、混迷していますねえ。第二クールは『一寸先は闇』という展開になりそう。

◆次回は三機のスローネが大暴れ。そしてその操縦者であるトリニティの三人も姿を現します。
声はいずれも豪華キャストですが、つまりそれだけ重要なキャラという事? マイスター達だけで
なく、彼らからも目が離せませんね。


#14 決意の朝
◆新OPは情報満載。アリーの新型機や、後半の重要キャラになりそうな三人と新ガンダムもシ
ルエットで登場。彼らは刹那達の最強の敵となるのでしょうか?

◆活動を続けるCBに対して、三大国は極秘裏に手を結ぶ。まあ本心から結びついたわけでは
ないですけどね。もっともそれはお互い承知の上。「OO」は『戦場以外の戦い』を重視している
のか、こういう場面が多いですね。面白いけど、やっぱり地味かも。

◆つかの間の平和、それぞれの安息。刹那と沙慈、友達のようでそうではない微妙な距離が面
白いですね。ルイスにとっては将来の強敵になるかも(笑)。そしてカタギリさんは仕事よりも愛に
生きるキャラだったようで。スメラギの正体を知ったら、どうするんだろう。

◆ユニオンは対ガンダム調査隊を増強して、特別部隊オーバーフラッグスを結成。人革連もセ
ルゲイ達以外のMS部隊を動かし、AEUもエースパイロットを集結させて、アリーに新たなMSを
与える。表向きには合同演習でも、ガンダム目当てなのは見え見えで、CBもそれは承知してい
る。しかし、そこに紛争がある限り、CBとガンダムは行かなければならない。CBの活動理念こ
そがCBのアキレス腱なんですよねえ。何という皮肉か。そして、コーラサワーはMだった(笑)。
本当にいいキャラだなあ。カティー少佐との恋愛は成就しないだろうけど、まあ頑張れ。

◆前回の刹那の行動を批判するアレハンドロ。ガンダムを兵器と言い切る彼にとって、刹那やC
Bの行動は満足できないものでしょうね。いずれCBの敵になるかも。しかしアレハンドロの苛立
ちもごもっとも。ガンダムを夜這いに使うな、刹那(笑)。マリナの寝姿を見せてくれたのは嬉しい
けど。

◆EDも雰囲気いいですね。でも気になる事が。刹那、夜になるまであの状態のまま放っておか
れたの? ロックオン……。

◆次回、三大国の包囲網がガンダム達に迫る。圧倒的な数、しかも各陣営のエースパイロット
達も集まっており、現在の世界では最強の戦力を相手に、ガンダム達はどう戦うのか。刹那だ
けでなく、四人のガンダムマイスターにとって正念場になりそうです。


#13 聖者の帰還
◆第一クール最終話。タイトルの「聖者」はマスードの事かと思ったのですが、ガンダムの事でも
あったのかな?

◆今回は刹那の活躍が目立ちましたね。グラハムとの初遭遇、宿敵とも言えるアリーとの壮絶
なバトル、そしてラストの非武装での行進と、ようやく目立ってきたというか、主人公らしい働きを
してくれたというか(笑)。マリナへの言葉は自分自身への激でもあったのかも。

◆CBによるマスードの救出作戦。刹那がアリーを引き付けている内に、ロックオンと紅龍が傭
兵達を倒して救出。見事なチームプレイですね。特に紅龍は強すぎ。格闘戦ならマイスターより
上かも。刹那といい、今回は地味なキャラが目立ちましたね(刹那は主人公です)。

◆非武装でアザディスタン王宮を訪れたエクシア。その姿は疑念と憎悪に支配された人々の心
を緩ませ、世界にCBの覚悟と信念を見せ付ける。武器を持たない相手は、ある意味では武器
を持つ者よりも危険な存在となる。非武装が必ずしも正義ではありませんが、今回はいい方向
に働きましたね。ガンダムに乗っていたとはいえ、命の危険を顧みずにこんな事をした刹那の度
胸は見事。

◆一方、平和な日本では沙慈を巡る母と娘の戦いが激化しているようです(笑)。沙慈、五人目
のガンダムマイスターになるという噂があるのですが、本当なのでしょうか? だとしたら、この
微笑ましい戦いも悲劇への前兆なのかも。ううむ、不安だ。

◆次回は三大大国のエースパイロットが動き出す。お久しぶりのコーラサワーの活躍と、スメラ
ギと留美の水着姿に期待します。あ、新OPとEDにもね。


#12 教義の果てに
◆宗教とは人の願いによって生まれたもの。人を救う為の教えが、人の心を歪め、戦いへと導
く。古代から繰り返されてきた悲劇ですが、OOの世界でもこの連鎖は続いているようです。そし
て恐らく、現実の世界でも。

◆新しい事をやろうとすれば、たとえそれがどんなに正しい事でも反発する者はいる。国を少し
でも良くしようとするマリナですが、それを拒み、戦おうとする者達は必ず現れてしまう。そういう
連中を止める為、あえて反対派になったマスードは立派すぎます。こういう人には何とかして生
きてほしいのですが……。

◆ついにアザディスタンへの武力介入を始めたCB。そして彼らを叩く為にユニオンも来てしまっ
た。マリナの願いとは裏腹に、戦いが戦いを呼ぶ最悪の事態に。見事なまでの戦いの連鎖です
が、CBのガンダムの力でこれを止められるのでしょうか? 根が宗教問題では、武力だけでは
解決しないでしょう。水島監督を始めとするスタッフの、宗教問題に対する意見が楽しみです。

◆故郷に帰った刹那を待っていたのは、未来を夢見る少年と、過去に縛られた老人。そして繰
り返される悪夢と、誰よりも過去に縛られていた自分自身。刹那が自分をガンダムだと言ったの
は、誰かに利用されていた過去の自分を否定する為。ガンダムという絶対的な力の象徴とする
事で、自分の弱さや愚かさから逃げてきましたが、それもそろそろ限界。アレハンドロの言うよう
に、ガンダムの力に頼るばかりでは成長しません。そろそろ彼にも羽ばたいてほしいです。

◆苦悩する刹那とマリナとは裏腹に、興奮しているのがグラハム。それはそうでしょうね。久しぶ
りのバトルだし。しかし相手はロックオンですか。彼は刹那のライバルになると思ったのですが、
刹那にはアリーがいるから、目標変更? まあグラハムはガンダムなら誰でもいいんでしょうけ
どね(深い意味はありませんよ、念の為)。

◆過酷な戦いが続く一方、もう一つの戦いは意外な展開に。沙慈、ちょっと頑張り過ぎたみたい
です(笑)。母親がライバルになるとは、ルイスも大変だなあ。家庭崩壊しなきゃいいんだけど。

◆次回は刹那とマリナの正念場。刹那は過去を振り払えるのか? 泣く事しか出来ないマリナ
は真の指導者になれるのか? 暗躍するアリーの動向にも注目。


#11 アレルヤ
◆CBの構成員の大半はハロのようです(笑)。

◆アレルヤの過去が断片的にですが明らかになりました。想像以上にヘビーな過去ですねえ…
…。肉親を殺してしまった刹那、両親をテロで失ったロックオン、そしてアレルヤ。不幸な過去を
背負っているというのもガンダムマイスターの条件なのでしょうか。だとしたらティエリアも…?

◆イオリアという二世紀も前の人間に翻弄され続ける世界。その研究に驚嘆する者、イオリアの
影を追う者。しかし本当にイオリアの目的は何なのでしょうか。宇宙時代でも争い続ける人類へ
の警告と言われていますが、確かにこのままでは人類は争い続けて、いずれ地球に住む人と宇
宙に住む人の争いに……って、それは違う『ガンダム』だ(笑)。

◆ハレルヤはアレルヤが作り出した、もう一人の自分。自分の中にある嫌な部分を人格として
切り離し、命と心を与えてしまった。ハレルヤの暴言はアレルヤの善と悪の心の葛藤でもありま
す。アレルヤは残虐なハレルヤを否定していますが、ハレルヤの考えはアレルヤの考えでもあ
るんですよね。二重人格キャラは複雑です。

◆自分の過去を振り切る為に、超兵機関を潰したアレルヤ。多数の子供まで殺す大虐殺です
が、ティエリアの言うとおり、これはアレルヤがガンダムマイスターとして生きる為の試練でもあり
ました。それを乗り越えたアレルヤは二十歳になったという事実以上に、一人の人間として成長
したようです。その代償はあまりにも大きかったようですが。

◆ハードな戦いが繰り広げられている一方、沙慈とルイス母との戦いも新たな局面に(笑)。料
理の腕は認められたようですが、まだまだ母の壁は分厚い。春までに乗り越えられるのかな?

◆国連の支援を受けてはいるけれど、情勢はきわめて不安定なアザディスタン。次回はいよい
よこの国がCBのターゲットになるようです。国難を前にエリナはどう動くのか。そして故郷を訪れ
た刹那にも試練が。第一クールも間もなく終了。終わる前の山場に期待します。


#10 ガンダム鹵獲作戦
◆今回は最初から最後まで戦闘シーンでしたね。ええ、冒頭のも含めて(笑)。もう少し頑張れ、
沙慈。女の子は弱い男には靡かないぞ。

◆セルゲイ、戦術では完全に勝利しましたが、ガンダムの性能とマイスター達の実力までは読
み切れませんでしたね。第二の人格という爆弾を抱えたアレルヤを捕獲してしまったのは、運が
悪すぎます。案の定、危険すぎる男・ハレルヤが目覚めてしまった。オレンジカラーと細身なので
他のガンダムより優しそうなイメージを感じていたキュリオスが、今回は残酷な悪魔に見えまし
た。ミン中尉をなぶり殺すシーンなど、ガンダムのパイロットとは思えない残虐振りです。玩具の
売り上げに響かなきゃいいんだけど。

◆アレルヤがガンダムマイスターに選ばれたのは、ハレルヤという人格を宿していたからでしょ
うか? 確かに能力は高いけど、留美の言うとおり、戦力としてはあまりにも不安定すぎると思う
のですが…。

◆一方、追い詰められたティエリアがガンダムヴァーチェの真の姿を見せました。ガンダムナド
レですか。赤い長髪といい、キュリオス以上の細身といい、どことなく女性っぽいですね。「Gガン
ダム」のノーベルガンダムに続く女性型ガンダムと認識してもいいですか?(勝手にしろ) しかし
ナドレの姿はヴァーチェにとって禁断の切り札。それを早々に使ってしまったティエリアは泣きじ
ゃくります。この男にしては珍しく感情を露にしていますね。「僕」「俺」「私」と一人称が安定してい
ないのは、彼もアレルヤのような不安定さを抱えているからでしょうか。自分が不安定だから完
璧なガンダムマイスターになろうとしているのだとしたら、少し悲しいですね。

◆セルゲイの作戦は完全に失敗。ガンダムは一機も鹵獲できず、多大な犠牲も出してしまいま
した。雪辱を誓うセルゲイとソーマですが、こんな大失敗をしてしまった彼らに『次』が与えられる
のでしょうか。しかし二人が優秀なのも確か。二人をどう扱うかで人革連軍の内情が分かりそう
です。

◆次回はアレルヤが人革連の超兵製造ラボに乗り込むようです。セルゲイやソーマとも顔を合
わせるのでしょうか? いい機会なので、アレルヤの過去も明らかにしてほしいですね。


#09 大国の威信
◆CB内の人間関係は複雑ですねえ。たくさんの人が集まれば関係も多彩になるもので、中に
は報われない人もいる。頑張れ、リヒテンダール君。学園ラブコメの方も順調ですね。過保護タ
イプの親は手強いけど頑張れ、沙慈。

◆ロックオンの両親の墓に花を供えたのは何者でしょうか。外見はロックオンと瓜二つ、という事
はロックオンの双子の兄弟? でも、なぜロツクオンに隠れるように墓参りをしたのでしょうか。
彼は本編でも重要なキャラになりそうなので覚えておきます。

◆CBの登場から、もう四ヶ月も経ったんですか。モラリアでの一件以来、大規模な戦闘も無く、
世界は平和な方向に向かっている。しかしこのまま平和になっては番組が成立しません(笑)。
空気を読んで行動してくれる人革連に拍手。

◆ロックオンとフェルトに恋愛フラグが立ちましたね。人との関わりを苦手とするフェルトと、個性
豊か過ぎるマイスター達をまとめるロックオン。確かにお似合いですね。フェルトの両親もガンダ
ムマイスターだったとは。外伝に登場しているキャラかな? あやしい人物はいますが。

◆アザディスタンに国連の融資が。喜んでいるマリナですが、国連大使のアレハンドロはCBとも
関係あり。この支援はCBの意思なのかな?

◆人革連のガンダム鹵獲作戦。デュナメスがメンテ中だったという幸運もありますが、セルゲイ
の見事な作戦が武装の劣勢を補っていますね。さすがのスメラギも遅れを取っています。戦えば
ガンダムの方が強いけど、相手に戦う気が無いのでは、どうにもならない。セルゲイ、『シアの荒
熊』の異名は伊達ではありませんね。作戦家としては、この作品で一番だと思います。

◆プトレマイオスを圧倒する人革連ですが、目的はあくまでガンダムの鹵獲。孤立したキュリオ
スとヴァーチェこそが本当の標的。セルゲイ、やりますねえ。しかしよりにもよって、まだ本当の
実力を出していないこの二機が相手とは……。セルゲイ、頭はいいけど運は無いタイプかも。

◆次回はキュリオスとヴァーチェがその秘められた力を見せる。キュリオスの隠し武器について
はプラモで明らかになっていますが、ヴァーチェはどんな力を秘めているのか。噂どおりに変わ
るのでしょうか?


#08 無差別報復
◆テロリストに対して激しい怒りを燃やすロックオン。他の三人も憤っています。比較的温厚なア
レルヤが怒る姿は珍しいですね。しかし世界から見れば、彼らもテロリストのようなもの。誰から
も同情されず、理解もされない彼らの戦いは過酷で孤独なものです。

◆過酷で孤独な戦いをしているのは、CBの面々だけではありません。いや、CBには心強い仲
間やエージェントがいますが、マリナの周りにいるのは『部下』だけ。仲間も友人もいません。通
りがかりの刹那を助け、話そうとしたのは孤独を紛らわせるためでしょう。しかしそんな彼女の甘
えを刹那は一刀両断する。かつての敵国の王女と、自国を襲うかもしれないガンダムマイスタ
ー。二人の間を隔てる溝は大きく、深いですね。

◆テロリストに苛立つCBですが、テロリスト達を苦々しく思っているのは彼らだけではなかった。
直接テロの被害を受けている各国政府こそ、CB以上に苛立っている。だからCBに情報を提供
したのでしょう。確かに国境に縛られないCBは、対テロリストには最適の組織。利用された形で
はありますが、スメラギが言うには、CBにとってもこれは大きな一歩との事。やはりCBの本当
の目的は世界の平和的な統一で、自分達はその為の礎として、人類共通の敵になる事なのでし
ょうか。お気楽そうに見えるメンバーも、そんな覚悟でCBに参加しているのだとしたら、重いです
ねえ。

◆あ、この世界にもモビルアーマーはあるんですね。初のモビルアーマーとの水中戦、戸惑いな
がらも刹那のエクシアが圧勝。優れた迷彩機能といい、この世界のガンダムは万能で強いです
ねえ。他世界の最強ガンダムとも互角に戦えるかも。

◆ここでちょっと苦言を。第1話から思っていたのですが、この作品には「面白い!」と断言でき
るシーンが少なすぎる気がします。今回の刹那とマリナの出会いにはかなり期待していたのです
が、主人公とヒロインの出会いにしては、どうも盛り上がらない。リアリティを出す為にわざとそう
しているのかもしれませんが、今のところそれは逆効果のように感じられます。丁寧に、そして頑
張って作品を作っているのは分かるのですが、このままでは厳しいかもしれません。視聴者は残
酷ですから、退屈な作品だと思ったら容赦なく切り捨てますよ。二期製作が決まっているからと
はいえ、油断はしないで。

◆テロリストは殲滅したものの、CBへの敵意は治まらない。次回、ついに世界がCBに対して牙
を向ける。圧倒的な数の敵に対して、ガンダム達はどう立ち向かうのか。今までのような圧勝は
望めなさそうなので視聴者としては楽しみですが、多数のMSを描く作画スタッフは大変そう。頑
張ってください。


#07 報われぬ魂
◆古谷徹さん、ナレーターだけでなくキャラクターボイスも担当されるんですか。彼の役はアレハ
ンドロの従者リボンズ・アルマーク。重要なキャラになるのかな?

◆刹那、両親を自分の手で殺していたんですか……。ガンダムの主人公で、ここまでやってしま
ったキャラは初めてですね。幼い子供達を洗脳して兵士にしたアリーの狡猾さも恐ろしい。二人
の因縁の深さが分かり、この二人の対決がより盛り上がりました。それにしてもハードな設定だ
なあ。容赦無しと言うか。

◆数で押そうとするモラリア軍ですが、アリー以外はガンダム達の相手にもならない。まさに鎧
袖一触。多数の敵を少数の、あるいは単機の味方が倒すというシチュエーションは普通ならワク
ワクするのですが、このアニメの場合はどうもスッキリしません。CBの活動があまり共感できな
い上、彼らの戦闘がその力を見せ付けるようなもので、あまりカッコいいものではないからでしょ
う(もちろんこれはスタッフが狙ってやっているのだと思いますが)。まだ第一クールも終わってい
ない時点でガンダムを苦戦させるわけにもいかないのでしょうが、それにしても圧倒的すぎる。こ
の強さは商業的に吉と出るか、凶と出るか。

◆モラリアは無条件降伏し、戦闘はCBの完全勝利。しかし世界は彼らを受け入れない。エイフ
マン教授の言うとおり、多くの犠牲者が出ている以上、CBは人々の平和を脅かす敵であり、滅
びの道は免れない。もちろん彼らはそれを覚悟した上で行動しているのでしょうが……。哀しい
存在ですね、CB。

◆刹那の勝手な行動を怒るロックオン達。今回は姿を晒した刹那が悪いのですが、それでも刹
那はガンダムからは降りない。ガンダムマイスターである事が今の彼の全て、ガンダムが今の
刹那の神なのでしょう。刹那は神を信じていた昔から成長していないんですね。信じるものが神
からガンダムに代わっただけ? ガンダムに頼っているとも言える刹那の言動は、CBの理念に
忠実なティエリアには腹立たしいものでしょう。この二人、いずれ本気で戦う事になるかも。ロック
オンの苦労人人生はまだまだ続きそうですね。頑張れ、ロックオン。

◆戦火に包まれたモラリアの事も、日本で暮らす沙慈達にとっては対岸の火事。だったのです
が、CBの活動が彼らの日常も脅かす。CBに対してテロを仕掛けたのは何者でしょうか? 世
界各国で同時にテロを行ったということは、相当大規模な組織でしょう。黒幕はどこかの国? 
アリーがこのテロについて事前に情報を入手していたのも気になりますね。軍事行動ではない
無差別テロは、CBにとっては最も厄介な敵。眼に見えない上、どこを襲うか分からない敵にどう
対抗するのか。ガンダムよりもスメラギの予想の方が頼りになりそう。

◆次回、ついに刹那とマリナが運命の出会いを果たす。過去に縛られた少年と非力な皇女の出
会いは、この世界に何をもたらすのか。


#06 セブンソード
◆日本の伝統料理は2307年にも受け継がれているようで一安心。絹江さん手作りの筑前煮、
私も食べたいです。

◆やはりアレルヤはソーマと同じような改造を受けているみたいですね。アレルヤは人革連と絡
む事になりそうなので、セルゲイやソーマと戦う時も来るでしょう。その時は熾烈な戦いになりそ
う。色々な意味で。

◆民間軍事会社、PMCトラスト。単なる傭兵ではなく、物資の補給から兵士の訓練まで、軍事に
関するあらゆる事をやる組織です。戦争を糧としている組織なので、今回のAEUの依頼が無く
ても、いずれはCBと激突したでしょうね。

◆PMCの凄腕パイロット、アリー・アル・サーシェス。その声は第1話で刹那が戦場で聞かされ
ていた男の声。前回の予告にも出ていましたが、髪の色が似ていたのでコーラサワーかと思い
ました。ゴメンナサイ、アリー。そのコーラサワーも登場しましたが、あっさり撃墜されました。ま
あこれは視聴者の期待通りなんですけどね(笑)。コーラサワーが栄光を手にする時は来るの
か? 来てほしくないなあ(おいおい)。

◆四機のガンダムによる合同ミッション。派手なアクションの裏側で、人々も動いていますね。ス
メラギとカタギリの意外な関係。自分達を助けてくれたCBが戦火を広げている事に戸惑う沙慈。
自国への支援を求めて世界を飛び回るマリナ。それぞれがそれぞれの思惑を秘めて動き、そ
れがやがて大きな流れになる。群像劇として面白くなってきました。

◆スメラギの過去が少し明かされましたね。大学とは関係ないはずのグラハムでさえ『事件』を
知っているという事は、相当大きな事件だったのでしょう。その事件がスメラギCBに参加してい
る理由なのかも。悲劇を二度と繰り返さない為? それとも……。

◆次回は刹那とアリー、因縁の対決。そして夜の海岸でガンダムマイスターがケンカ? 兄貴分
のはずのロックオンが拳を振るったその理由は?


#05 限界離脱領域
◆第4話までの視聴率は5%台で安定しているようです。一安心ですが、本当に大変なのはこれ
から。作品を見慣れた視聴者が離れないようにしないといけませんね。

◆ソーマはやはり強化人間でしたか(劇中では超兵と呼ばれています)。ナノマシンを埋め込ま
れて、感覚も増幅された彼女は文字通り、人間を超えた人間。しかしセルゲイが不快に感じたよ
うにそれは非人道的な行為。SEEDのコーディネイターといい、人は意外と簡単に禁忌を犯すも
のなんですよねえ。特に、物理的な力を求める場合は。

◆この作品の一般人代表ともいえる沙慈とルイス。ごく普通の学生である彼らが簡単に宇宙に
行けるシーンは、この世界の科学技術が一般レベルでも進んでいることを表していますね。私も
宇宙から地球を見たいものですが、私が生きている間は無理だろうなあ。残念。

◆アレルヤのキャラクターが浮かんできましたね。ソーマと共鳴したという事は、彼も何らかの処
置を受けているという事でしょうか。超兵0号とか? アレルヤとソーマ、因縁が出来たようで、こ
の二人の対決が楽しみです。あ、ソーマのピンクのティエレンにはツッコみませんよ。あれでソー
マが歌うなんて展開にはならないでしょうし(笑)。

◆アレルヤの内に秘められていた凶暴な人格。なるほど、1話での「ハレルヤ」とは口癖ではな
く、彼に呼びかけていたんですね。宇宙を漂流していた時に死んだ兄弟のようですが、その性格
は冷酷非情。ガンダムに乗っている時にハレルヤが出てきたら、とんでもない事になりそうで
す。いくら腕が立つとはいえ、こんな不安定な人間をどうしてガンダムマイスターにしたのか。CB
が人材不足なだけなのか、それとも…?

◆人命救助のために奮闘するガンダム達。飛び出したアレルヤでしたが、おいしい所はロック
オンに持っていかれましたね。あの距離で正確に当てるロックオンの射撃能力は異常すぎま
す。スナイパーとしては歴代ガンダム作品の中でも最強かも。泣くな、ディアッカ。

◆今回はアレルヤが主役だと思ったのですが、セルゲイもなかなか活躍していましたね。救助
作業を手伝ってくれたキュリオスを見逃すところは大人の渋さを感じました。こういう人は敵にし
たくはないんだけど、無理なんだろうなあ。

◆次回はついにあの男が、パトリック・コーラサワーが帰ってきます。雪辱に燃えるコーラサワー
とAEUの包囲網に落ちたエクシア。七本の剣で切り抜けられるのか?


#04 対外折衝
◆この番組はOPが終わった途端、Aパートが始まるという構成なのですが、私は未だになれま
せん。歌の途中にトイレに行きたくなっても行けないんですよ。困ったものです(番組が始まる前
に行けよ)。

◆アザディスタン王国第一王女、マリナ・イスマイール。OPを見る限りではこの物語の正ヒロイ
ンらしきキャラが、ようやく物語に関わってきました。確かに石油が枯渇したら、中東諸国は今の
ようにはいかないでしょうねえ。マリナの苦悩は、遠い未来に中東の首脳達が味わう事になるの
かもしれません。

◆新キャラも続々と登場していますね。マリナのブレーンというより先生のような立場らしいシー
リン、ガンダム捕獲を命じられたセルゲイの元に配備されたソーマ・ピーリス(声はハロと同じ小
笠原亜里沙さん)、グラハムの部下ハワードとダリル。この中でもソーマは重要なキャラになりそ
うな気がします。彼女がいた超人機関、名前からして妖しげですが、恐らく強化人間のような者
達を作り出す組織なのでしょう。そんな機関にいた彼女が刹那達とどう戦うのか。歴代の強化人
間で幸せな結末を迎えた者はいないだけに不安です。

◆揺れ動く世界の中で、南米の小国タリビアがユニオンからの独立を宣言。CBの介入を利用し
ようとしていたのですが、見事なまでに裏目に出てしまいましたね。CBにとっては戦争をしようと
する者は全て殲滅対象となる。伊達に世界中を敵に回す覚悟はしていません。これでCBを利
用しようとする国はいなくなるでしょう。しかし同時にそれは、本当に全世界を敵にする事でもあ
ります。スメラギの晴れない顔はそれを予測しているからでしょうか?

◆刹那vsグラハム、第二ラウンド。黒いカスタムフラッグがカッコいいです。改造したとはいえ、
フラッグはエクシアには一歩劣る性能でしょう。それでもエクシアとあれだけ戦えたのですから、
グラハムの力量の高さが分かりますね。パイロットとしては刹那より上かも。コーラサワーは問
題外?(笑)

◆タリビアでの紛争は、意外と上手く収まりました。しかしこれはCBが頑張ったからではなく、ユ
ニオン(アメリカ)のシナリオどおり。どう転んでも自国は損をしない。ユニオンの狡猾さはガンダ
ムの力でもどうしようもありませんね。「戦争の理想的な終わり方は勝つ事ではなく負けない事
だ」と言ったのは誰だったか。そういう意味では今回の戦争はユニオンが勝利しましたが、CBも
こうなる事は予測していたから、決して負けてはいない。どんな結果になるとしても戦争への介
入は続ける。それがCB。彼らはその信条は曲げていませんからね。

◆次回はアレルヤの過去に迫るようです。プロローグが終わり、レギュラーキャラの掘り下げが
始まるのかな? 地味な作品という評価も、そろそろ変わってほしいものです。


#03 変わる世界
◆グラハムは乙女座ですか。私も同じ星座なので親近感を感じます。同じガンダムマニアとして
仲良くしましょう(笑)。

◆ガンダムの驚異的な性能や、CBを設立したと思われる謎の科学者イオリア・シュヘンベルグ
の説明など、丁寧に語っていますね。説明をする傍ら、ガンダムの派手な活躍で視聴者を飽き
させない。黒田洋介さんの脚本には隙がありませんね。でも友人は「完成度が高すぎて退屈」と
の事。物語を作るのって難しいなあ。

◆刹那とグラハム。ライバル関係になりそうな両者の第一ラウンドは機体性能の差もあり、刹那
の勝利。それでもわずかながらもガンダムのデータを手に入れたのだから、グラハムも決して負
けてはいない。フラッグをチューンするとの事ですが、彼には強敵として頑張ってほしいですね。
こういうバトルものは、敵が強くないと盛り上がりませんから。

◆そしてグラハムとは違うタイプの強敵になりそうなセルゲイ。分析能力といい、高機動型とはい
えティエレンでエクシアと渡り合った腕といい、渋い親父キャラとしての活躍を期待しています。

◆活動を続けるCB。南アフリカへの紛争介入、麻薬畑への爆撃にスリランカへの再度の攻撃。
作中でロックオンも言っていますが、畳み掛けますねえ。一人で宇宙に上がったティエリアにも
任務が用意されているのかな? プトレマイオスはガンダムの動力炉を利用しているから、ガン
ダムがいないと満足に動けないんですか。スパロボに出たら使い難い艦になりそうだ(笑)。

◆1話から登場している沙慈。一般人の彼がどう物語に絡むのか分からなかったのですが、こう
来ましたか。刹那と友人になるのかな? その刹那ですが、常に冷静で『ガンダムW』のヒイロと
似たタイプだと思っていたのですが、そうでもないようですね。前回の「俺がガンダム」発言とい
い、セルゲイとの戦いでの激しい言動といい、冷静さを装っているだけなのかも。ガンダムマイス
ターではない一人の少年としての刹那も見られるのかな?

◆CBの活動の成果なのか、四百年続いていたアイルランドの民族紛争が終結。リアルIRAって
実在しているテロ組織なんだけど、名前を使ってもいいのかなあ。変わりつつある世界ですが、
その裏にきな臭いものを感じてしまうのは私だけでしょうか。話が上手く進みすぎている気がす
るんですよねえ。それにアイルランド紛争って停戦と紛争再開を繰り返しているから、しばらくし
たらまた活動を再開するかも。そこへCBが介入してくるのかな?

◆次回はガンダムを巡る各国間のやり取りが焦点になりそうです。面白そうだけど、こういう話
は難解で地味な話になりかねない。脚本家の手腕が試される話になりそう。そして、OPに登場
している人革連の少女パイロットも登場。彼女もヒロインになるのかな?


#02 ガンダムマイスター
◆冒頭の古谷徹さんのナレーションにちょっと感動しました。事前情報で分かっていたし、前回
の予告も古谷さんだったんですけど、それでも嬉しいんですよ。宇宙世紀以外のガンダムシリー
ズでこの人の声を聞けるとは、いい時代になったものだ。

◆ソレスタルビーイング(以下CB)の宣言を受け、世界各国が揺れ動いています。戸惑う人革
連、CBの背後に他の勢力の存在を疑うAEU、そしてCBを裁くのは自国だと余裕を見せるユニ
オン。三国の違いが見えて、なかなか面白いです。こういう政治的なシーンがあってこそ、戦闘
シーンも栄えますからね。そしてユニオンの経済特区になった日本の人々は、対岸の火事のよ
うに考えています。三百年経っても変わっていませんねえ(苦笑)。

◆集結した四機のガンダムは、セイロン島の武力衝突に介入。激しい戦いを繰り広げます。ガ
ンダムがそれぞれの個性を発揮し、大軍をなぎ倒していく様子は「カッコいい」を通り越して、凄
まじさと恐ろしさを感じました。人革連の軍を退けた後、CBに感謝する反抗軍のMSをも切り裂
いた事で、その恐ろしさは頂点に達しました。見事なまでに自分達の仕事をやり遂げた刹那達
ですが、今回のガンダムのプラモや玩具は売れるのかなあ。ちょっと不安です。

◆CBの真の目的が、早くも明らかになりつつあります。どうやら自分達を人類共通の敵とする
事で人類を団結させて、平和をもたらそうとしているようです。人類の為にあえて泥を被ろうとし
ているのですか。素晴らしくも、恐ろしいまでの自己犠牲の精神ですね。しかし物語はまだ始まっ
たばかり。世界がCBの思惑どおり動くとは思えません。CBの予想を超えた波乱が待っていそう
な気がするのは私だけでしょうか?

◆主人公の刹那ですが、昔の事にトラウマを持っているようですね。自分がガンダムだと言った
のは、自分を救ったOガンダムの絶対的な力を求めたからでしょうか? それとも自分があのガ
ンダムのように、誰かを救う存在になりたかった? 彼の心の闇は深いようですが、それを癒し
てくれる人が現れてくれるのでしょうか。その時こそ、刹那の物語が始まりそうですが……。

◆ガンダムに心奪われたと豪語する男、グラハム・エーカーがエクシアを強襲! 彼が刹那のラ
イバルになりそうですね。コーラサワー……(涙)。次回は刹那とグラハムの第一ラウンド。そし
て、変わりつつある世界で何かが始まる?


#01 ソレスタルビーイング
◆「AEU」が「AU」にしか聞こえません。どこの携帯電話会社だ(笑)。「ソレスタルビーイング」と
いい、各ガンダムの名前といい、意外と言い難い名称が多いですねえ。声優の皆さん、頑張って
ください。

◆新しく始まったガンダムシリーズ。スタッフの面々もキャラクターデザインもMSデザインも私好
みだったので期待していました。ちなみに外見だけで気に入ったのはキャラではチャイナドレス
が似合いすぎている王留美(分かり易いな。笑)、MSでは太っちょだけどカッコいいガンダムヴ
ァーチェです。

◆第1話を見終わった直後の感想は、誤解を恐れずに言えば「地味だな……」。同じTBS系の
ガンダムシリーズであるSEEDやSEEDデスティニーの第1話と比べると、少し地味に感じてしま
いました。キャラが多い割には目立った活躍や言動をしている人物は少なく、主人公の刹那とガ
ンダムエクシアでさえ『顔見せ』だけだった気がします。もちろんこれから活躍させるのでしょう
が、事前に情報を入手せず今回の話を見た人は、誰が主人公なのか分からなかったかもしれ
ませんね。コーラサワーでない事だけははっきり分かるでしょうけど(笑)。

◆エクシアとデュナメスがAEUで一暴れした頃と同時期に、キュリオスとヴァーチェは人革連の
軌道エレベーターをテロリストの攻撃から守る。一方で国に攻撃を仕掛けるテロリストのように見
せて、一方ではテロリストを倒す。ガンダムの立ち位置が分からず、視聴者も混乱しているとこ
ろに、ソレスタルビーイングの全世界に対する宣戦布告とも言えるメッセージを流す。そのメッセ
ージを聞いた人々は、それぞれの反応を示す。地味ですが、興味が沸いてくる展開です。果たし
て、ソレスタルビーイングは人類の救世主となるのか、それとも無秩序な破滅をもたらすのか。
私も見守らせてもらいましょう。

HPトップページに戻る
「毎週感想」トップページに戻る

Ads by Sitemix